法務教官が働く場所

kodomo01_l法務教官とは、少年院や少年鑑別所などに勤務する心理系の専門職員です。幅広い視野と専門的な経験と知識を持って、少年たちの個性や能力を伸ばし健全な社会人として社会復帰させるために指導や教育を行っています。これは心理系の国家公務員のひとつです。

 

法務教官は職場によって仕事内容が違います。少年鑑別所に勤務した場合には、家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年の資質の調査を行います。最大8週間収容されることになる犯罪に関わった少年に規則正しい生活を送らせる中で、なぜ少年が非行に走ってしまったのか、どうすれば健全な生活を送ることができるかなどについて少年の心に寄り添いながら調査・判断していきます。

 

少年の希望によっては学習の支援や一般的な教養の付与、読書の時間などを設け指導していくこともあります。また法務教官は法務技官と協力しながら少年の更生の可能性の有無を判断し、少年審判などに必要な資料の作成も行います。法務技官とは少年の行動観察や面接などによって、少年の心にじっくりと向き合い犯罪の背景や原因を分析し、更生へのプログラムを提案する職業です。どちらも心理のエキスパートとしての知識や判断力が求められます。

 

 

 

 

 

Comments are closed.