試験勉強は独学でも可能か

法務教官は、非行に走った少年を矯正して、再び社会復帰できるようにサポートすることを仕事とする国家公務員です。法務教官になるためには、採用試験に合格しないといけません。そこで試験勉強をしないといけないのですが、独学で合格できるかというと難しいというのが現状です。

 

 

といいますのも、法務教官は採用枠が少なく、また試験自体の情報収集が難しいからです。その点、予備校に行って勉強すると、試験の情報は豊富にありますし、それに基づいて構築された授業やテキストで対応できるというメリットがあります。

 

 

また、独学だと、どこを勉強すればいいかわからず、間違った方向に勉強を進める可能性が高いです。一方、予備校では、試験に合格するために必要なところにポイントを絞って授業が進められます。また、勉強方法を教えてくれるので、効率的に勉強することが可能になるのです。さらに、わからないところは講師に質問することもできます。

 

 

法務教官は、受験資格において年齢制限がありますので、受験できる期間は限られており、その間に合格しないといけません。独学での受験が難しいとなると、予備校で勉強する方が効率的であり、その分、早く合格できる可能性が高まるといえるでしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.