保護司が行う助言や指導

犯罪を犯した人や非行に走ってしまった人たちのサポートを行っているのが保護司です。彼らは地域社会の中から選ばれた人たちであり日本全国に48000人の人がいます。地域社会においてなくてはならない存在となっており、犯罪や非行をした人たちの立ち直りや更生のための援助を行っています。完全なボランティアとなるので給与が支給されることはありませんが、地域住民から寄せられる非行、そして犯罪に関する質問や相談に対応し助言や指導を行っています。彼らは更生保護という重要な部分において、大変大きな役割を担っているのです。

 
この役目を担うには法律に基づき法務大臣から委嘱を受けることとなり、非常勤の国家公務員という位置づけになります。更生をして日本社会の一員としてまっとうな生活をおくるためには、安心して生活をすることができる場所が必要となります。そしてその地域での処遇が求められるので更生保護に関する知識を持って保護観察等を行っている保護観察官と共に情報を共有し、協力をしながら支援活動を行っているのです。
保護観察対象者については、原則として一月に2度の面接を行うこととなります。そして指導や助言、就労の支援を行い経過を報告書にまとめて報告しているのです。

 

 

 

 

 

Comments are closed.