保護観察官の仕事

保護観察官は、犯罪を犯した人や非行のある少年が社会に復帰した際に、健全な社会生活を行えるようにサポートする社会内処遇の専門家です。また、犯罪や非行のない社会のための「犯罪予防活動」も行います。

 
保護観察官は、国家公務員採用総合職試験や法務省専門職員採用試験保護観察官区分の合格者から主に採用されますが、一般職試験合格者からの採用もあります。法務省保護局または更生保護官署に法務事務官として採用された後、更生保護行政を幅広く理解するための仕事を一定期間経験する必要があります。

 
各地方裁判所の管轄区域ごとに全国50か所に置かれた保護観察所は、更生保護、精神保健観察の第一線実施機関として、重要な仕事を担っています。ここでの保護観察官の仕事は、保護司と協力して、保護観察になった少年や仮釈放になった者、保護観察付きの執行猶予になった者の保護観察を行うことです。心身喪失等で不起訴や無罪になった者の精神保健観察も行います。

 

また、就職先の斡旋などの環境調整や犯罪・非行の予防活動の一環として、社会を明るくする運動などの各種活動も行います。さらに、保護司の定例研修の講師、恩赦に関する事務、更生保護法人の監督なども保護観察官の仕事です。

 

 

 

 

 

Comments are closed.